「予防歯科」をはじめよう!

虫歯や歯周病は自覚症状に乏しい疾患で、気付いた時には重症化していることが多くあります。
虫歯や歯周病になってしまってから治療するのではなく、「ならないための予防」を行うことが大切です。
そのためには、自宅で行う“セルフケア”と歯科医院での“プロフェッショナルケア”が必要です。

歯垢・歯石ができるまで

正常 歯垢・歯石がある状態歯垢・歯石がある状態

段階1

歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシを使用しても歯垢は残っている

自分で歯垢を100%落とすことは歯科医師でも難しいことです。とても磨いている人でも歯ブラシだけですと60%、歯間ブラシも併用して80%しか歯垢を落とすことができません。

段階2

歯周ポケットが4㎜以上の部分は歯ブラシでは歯垢が取れない

歯周病は歯周ポケットの中に細菌が感染して起こる病気です。歯周病が進行し、歯周ポケットが4㎜以上になると歯ブラシや歯間ブラシでは歯周ポケット内の細菌を取り除くことができません。そのままにすれば歯周ポケットがより深くなり最終的には歯が揺れたり、抜けたりしてしまいます。歯周ポケット内の細菌を定期的に清掃することによって歯周病の進行を防ぎます。

段階3

歯石になると歯ブラシでは取れない

自分で取り切れなかった汚れは短時間で歯垢となり、歯石となります。取り残した汚れは定期的に取り除かなければ、多くの歯石が溜まり、歯周病が進行してしまいます。

歯のプロだからできる大袋歯科医院の予防歯科

予防歯科により口腔内の環境を確かなものに

ブラッシング指導

お口の中の状態と、磨き方のくせや磨き残しができやすいところなどを確認しながら、患者さまに合わせて指導を行います。また、患者さまがケアを続けやすいよう、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシ、タフトブラシといった歯を磨くための器具もご提案いたします。

フッ素塗布

虫歯になりやすい乳歯や生え変わりの永久歯にはフッ素塗布により歯質を強化します

シーラント

歯の溝が深く汚れがたまりやすい部位にはシーラントを行います。

PMTC(プロによる機械的歯面清掃)

プラークの元になるバイオフィルムを除去するためのPMTC(プロによる機械的歯面清掃)を取り入れています。

予防計画

年代別や生活習慣の違いによる、個々に応じた予防計画をご提案しています。

予防歯科により口腔内の環境を確かなものに

Other Menu

  • 医院の紹介
  • 歯科 口腔外科
  • 小児歯科
  • 予防 について
  • 入れ歯 について
  • 訪問歯科 診療