• こんな時におすすめ
  • エールガイドについて
  • 料⾦表
  • インプラント治療の流れ
  • アフターケア

Endoscope インプラント治療のご案内

インプラント(Implant)は“植え付ける”という意味で、歯科治療においてのインプラント治療と⾔えば、
歯がなくなった部分を修復する治療法のことです。

顎の骨にチタン製の人工歯根を植え、骨と固定し、その上に土台を立てて冠を被せます。
歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を“植え付ける”ことで、
より自然に近い、美しい“違和感のない歯”が手に入ります。

入れ歯はどうしても噛む力が弱くなり、ブリッジは健康な歯を削ることになってしまいます。
しかし、インプラントだとより自分の歯に近い感覚になり、お食事もおいしくいただけます。
※インプラント治療は、全額自己負担(自由診療)のため各種保険を適用することはできません。

インプラントはこんな時におすすめ!

case01

歯が⼀本抜けた場合

通常

両隣りの健全な歯を削ってブリッジにします。

健全な歯を削りたくない。

インプラント治療なら

両隣りの健全な歯を削りません。

歯の抜けた所へインプラントを埋入し、自然な歯の形を作ります。
case02

⼊れ歯に違和感を感じる

通常

入れ歯を不快に感じるほか、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。

インプラント治療なら

歯の抜けた所へインプラントを埋⼊します。

金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のように噛むことができます。
case03

⼊れ⻭が動く

通常

噛みづらかったり、発音・発生に不便を感じたりする場合があります。

インプラント治療なら

⼊れ歯をしっかり固定します。

数本のインプラントを埋入し、そこに入れ⻭を固定するため、よく噛めます。

当院では「エールガイド」を導⼊しております!当院で使用するインプラントシステム

フリーハンドに頼らない治療

従来のインプラント治療は、歯科医師の経験・感覚に頼ることがほとんどです。ただフリーハンドでは位置や深さがズレてしまいかねません。
当院では、インプラントを正確に埋入するためのサージカルガイドと呼ばれるのガイド(目印)を使用しています。

フリーハンドの場合
サージカルガイドの場合

エールガイドシステム導入

サージカルガイドは種類が多いのですが、従来のものは手術の際にズレが生じるなど精度に限界がありました。
そこで、誤差を最小限にし重要な血管や神経を避けて、何よりもより正確にインプラントを埋入するために、当院では「エールガイド」(誤差0.002mm以内)というサージカルガイドをすべてのインプラント治療に対して使用しています。材質も大変強固で手技の際にたわむことがないため、 作業工程での微細なズレをが生じることがありません。

エールガイドシステム導入

歯科技工士との連携

歯科医師の「安全で確かなインプラント埋入」と技工士の考える「無理のない設計」を相互に連携を取りながら進めることができます。
設計をする際は、歯科医師と技工士がパソコンを使用して同時遠隔操作をしながら直接打ち合わせを行っております。離れた場所にいながら、埋入位置や角度、深さまで細部にこだわり設計をすることができるのです。

Price 料⾦案内

CT・診断料・ガイド用の印象20,000円

エールガイド費用45,000円

インプラント埋入手術代(アバットメント)230,000円〜

骨造成(リフィット)30,000円〜

上部構造は通常の私費料金に準ずる100,000円〜

メンテナンス5,000円〜

※すべて税込み価格です。

実際の治療はどのように⾏うの? インプラント治療の流れ

診断、⼿術、⾻との結合、
人工歯の装着の4ステップ。

診断と治療計画

診断と治療計画
まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についてご説明いたします。

インプラント⼿術

インプラント⼿術
歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3〜6ヶ月待ちます。

⼈⼯の⻭の取り付け

⼈⼯の⻭の取り付け
インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

完了

完了
インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。

治療におけるリスク

  • 麻酔下での治療になりますので、術後一時的に腫脹・疼痛・出血、開口障害、嚥下痛などが生じることがあります。
  • 感染する可能性がありますので、予防目的のため抗菌薬を服用していただきます。
  • 痛みに関しては消炎鎮痛剤を頓服で服用していただきます。
  • 骨質の問題や口腔清掃の不備、咬合力過剰、定期的なメンテナンスが滞るなどの理由により、良好な骨結合が得られない可能性があります。

After care アフターケアについて

当院では、インプラントに関するアフターケアや事前準備などを患者さまとよく話し合い、
納得された上で書類を作成しています。
ご⾃宅へ持ち帰ってご家族の方々も内容を把握できる安心システムです。

確認事項
確認事項
  • ⼿術前の事前準備
  • ⾷事指導や⼿術後のご注意
  • インプラント埋⼊時からの保障内容
  • 埋⼊後の定期健診に関する事
アフターケア
  • 定期的なメンテナンスを行い、
    必要な処置をします

Other Menu

  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 小児歯科
  • 訪問歯科診療
  • 内視鏡検査